風呂の設備

部屋のことばかり気にしているが、お風呂のことを忘れてはいけない。ビジネスホテルと違って、ラ・スイート全体的に、ホテルのお風呂はトイレと別になっている。つまりユニットバスではない。

ラグジュアリータイプだと、普通の四角形のバスタブだが、それよりもう一つ上のランクとスイートルームは違う。ブロアーバスという円形のバスタブになるのである。

円形のバスタブだと、幅が狭まらないからゆっくりできる利点がある。また、ラ・スイートのバスルームは窓があり、その向こうの景色を眺めることができるのだ。

つまり、夜になれば神戸の夜景を一望しながら入浴を楽しめるということになり、これは非常に美味しい。長々とお湯に浸かっていられそうである。

また、ラ・スイートはアメニティーも豊富で、フランス製のシャンプーやイギリス製のアロマソープ、ドイツ製のフェイスマスクシート。ヨーロッパのお高いところのバスグッズやスキンケアグッズを用意しており、自宅では味わえないお風呂の時間が楽しめるのだ。

実はその他のホテルのスイートルームでも、ブロアーバスではないパターンが有り、その点ラ・スイートは希少と考えられる。ブロアーバスはなかなか高級感があるから、一度くらいは試してみたいものである。

MTBlog50c2BetaInner

ウェブページ